2015年09月14日

応援は国境を越える.

オリンピック真っ只中. みなさん見ていますか? 自分は、カーリング、スキークロスにハマっています. カーリングはすごく戦略的で、見ているとドキドキハラハラします. スキークロスはとてもエキサイティングで、ジャンプするシーンなどがとても印象的です. すごく、カッコイイですよね. みんな、ケガのないようにガンバッテ欲しいです. さて、そのオリンピックですが、よく言われるのが、「オリンピックは参加することに意義がある」というフレーズ. 「勝つことではなく、参加することに意義があるとは、至言である. 人生において重要なことは、成功することではなく、努力することである. 根本的なことは、征服したかどうかにあるのではなく、よく戦ったかどうかにある. 」 「近代オリンピック100年の歩み」(ベースボールマガジン社)より クーベルタンの言葉 一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? とはいえ、美しい側面ばかりでなく、ちょっと目を逸らしたくなる部分もあります. そのひとつが、「オリンピックは武器のない戦争である」、という言葉. tonagohard 各国の選手が自国の誇りをかけて他国の選手と戦うことから、生まれた比喩です. それが行き過ぎた例として、こちら. さすがに、ちょっとやり過ぎなんじゃないのか…と思ってしまいますよね. 当時の国際間の政治問題が顕著に出ています. でも、やっぱりオリンピックは美しいものであってほしい. アシックス シューズ メンズ 例えば、国境を超えるような素晴らしいこともあります. こちら、スノーボード・ハーフパイプ男子の応援です. ボードを持っているのは、画像を見る限り日本国籍の方じゃなさそうですね. 日本語も、おそらく必死に訳して書いたものでしょう. こちら、テレビ中継でチラッと映ったそうです. 他にも、こちら. 自国の選手を応援するだけでなく、国籍関係なく、自分がリスペクトする選手を応援できるのは素晴らしいことではないでしょうか? 残りの大会も、ぜひ熱く盛り上がって欲しいですね.
posted by Aida优香 at 05:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください