2015年09月15日

アデル、第1子となる男児を出加山亜希産!

アデルが、10月19日(現地時間)夜に男児を出産したことが、近親者より明らかになった. 本人からの公式発表はまだなく、名前は明らかにされていない. アデルは、ジェームズ・ボンド最新作『007 スカイフォール』(2012年12月1日より日本公開)のテーマソングを担当しているが、10月23日(現地時間)にロンドンで開催されるワールドプレミアには、妊娠直後ということもあり欠席する模様だ. アデルの近親者は英『ザ・サン』紙に対し、「アデルは赤ちゃんの側をひとときも離れたくないようです. 妊娠中からずっとそうでしたが、彼女は自分のことも極力自分自身でこなしますし、赤ちゃんのことも自分自身で世話しようとしています. アシックス バッシュ nacusdiepha 生まれたばかりですし、彼を置いてどこかへ出かけることは耐え難いことなのでしょう」と語った. 星奈津美が銅メダル 競泳女子200バタフ
posted by Aida优香 at 05:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

応援は国境を越える.

オリンピック真っ只中. みなさん見ていますか? 自分は、カーリング、スキークロスにハマっています. カーリングはすごく戦略的で、見ているとドキドキハラハラします. スキークロスはとてもエキサイティングで、ジャンプするシーンなどがとても印象的です. すごく、カッコイイですよね. みんな、ケガのないようにガンバッテ欲しいです. さて、そのオリンピックですが、よく言われるのが、「オリンピックは参加することに意義がある」というフレーズ. 「勝つことではなく、参加することに意義があるとは、至言である. 人生において重要なことは、成功することではなく、努力することである. 根本的なことは、征服したかどうかにあるのではなく、よく戦ったかどうかにある. 」 「近代オリンピック100年の歩み」(ベースボールマガジン社)より クーベルタンの言葉 一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? とはいえ、美しい側面ばかりでなく、ちょっと目を逸らしたくなる部分もあります. そのひとつが、「オリンピックは武器のない戦争である」、という言葉. tonagohard 各国の選手が自国の誇りをかけて他国の選手と戦うことから、生まれた比喩です. それが行き過ぎた例として、こちら. さすがに、ちょっとやり過ぎなんじゃないのか…と思ってしまいますよね. 当時の国際間の政治問題が顕著に出ています. でも、やっぱりオリンピックは美しいものであってほしい. アシックス シューズ メンズ 例えば、国境を超えるような素晴らしいこともあります. こちら、スノーボード・ハーフパイプ男子の応援です. ボードを持っているのは、画像を見る限り日本国籍の方じゃなさそうですね. 日本語も、おそらく必死に訳して書いたものでしょう. こちら、テレビ中継でチラッと映ったそうです. 他にも、こちら. 自国の選手を応援するだけでなく、国籍関係なく、自分がリスペクトする選手を応援できるのは素晴らしいことではないでしょうか? 残りの大会も、ぜひ熱く盛り上がって欲しいですね.
posted by Aida优香 at 05:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

Play it! XBLA 第加山亜希1回】『T

ここ最近「いったいマイクロソフトポイントカードを何枚買わせる気なの? 」と言いたくなるほど良作ラッシュ状態が続いているXbox LIVE アーケードなわけですが、今回オススメするタイトルはコレ、『Toy Soldiers: Cold War』です. 正直、今年に発売されたタイトルだけでもオススメしたいものが多すぎて困ったので、つい先月まで行われていたキャンペーンSummer of arcade 2011の対象タイトルのなかから選ぶことにしたわけですが、なぜこの作品をチョイスしたのかというと「最近、タワーディフェンス型のブームが来てるんじゃね? 」ということです. まあ、裏付けとなるデータは何もありませんが. といっても、それなりに根拠はありまして、Xbox LIVE アーケードでなら6月に配信された『Trenched』もなかなかの好評でしたし、最近のFPS・TPSのマルチプレイには、当たり前のようにタワーディフェンス的な協力プレイモードが用意されていますよね? これはもう、ブーム到来というか、メジャーなジャンルになりつつあるといっていいのではないでしょうか! ... と、前置きが長くなりましたが、ぼちぼちゲームの紹介をしましょう. 求められるのは的確な判断力と腕っぷし! 前作『Toy Soldiers』が第1次世界大戦をモチーフにしていたのに対し、今作は『Cold War』の名が示すとおり冷戦をモチーフにしています. 登場する兵器もかなり近代的なものとなっていますが、根っことなるゲーム性は前作と同じです. 全般的な操作の向上、支援攻撃の追加、オン・オフともに2人協力プレイモードへの対応といった具合に、前作のおもしろさはそのままにパワーアップを果たした正当進化と言えるでしょう. コンボを決めてゲージを溜めると支援攻撃を要請できる. 支援攻撃の1つ、コマンドー. なんというワンマンアーミー! 協力プレイはオンだけでなく、画面2分割でオフもOK! ここで、タワーディフェンス型とはどんなジャンルのゲームなのかと説明しますと、次から次へと攻め込んでくる敵から防衛拠点を守り切るというものです. ルールがシンプルなだけに、どのようにして防衛するのかという部分がゲームの個性になるわけですね. ということで、本作における防衛手段の要は何かといいますと、砲台の設置です. 新軍ルートや兵種・兵器を予測して、機銃・対戦車砲・対空砲などなど、有効な兵器をもって敵軍を迎え撃つのです. バラバラと攻め込んでくる歩兵には、機銃による掃射で対抗. 戦車が通ってきそうな道には、あらかじめ対戦車砲を設置. 設置した砲台の修理・強化も忘れずに! 砲台が基本中の基本ではあるのですが、本作のキモとなる部分は別にあります. それが、設置した砲台のうち、1つだけはプレイヤー自身が操作できるという点. 操作する砲台はいつでも切り替え可能なので、どのタイミングでどの砲台を操作するのかといったことが、重要となってくるのです. さらには、防戦一方だけでなく、戦車やヘリに乗り込み攻めに転じることもできるので、プレイ感覚としてはシューター色が強いかと思います. ただし、要となる砲台の数が足りなかったり、強化をおろそかにしていたりすると、どんなにスゴ腕の人でも物量で押し切られることになりますのであしからず. いわゆるタレット. オートに任せておけない砲台は自分で操作しよう. ヘリは非常に強力な兵器だが、電池が切れると墜落してしまう. 戦術で敵を食い止めるRTS的な要素を楽しみつつ、プレイヤーの腕前で敵をねじ伏せる快感を味わえるという、ひと粒で二度おいしい的なところが、本作の個性であり魅力です. さて、ここまで読んでいただいて、「これって、やることが多くて難しいゲームなんじゃないの? 」と思った人もいるかもしれません. 確かに、息をつく間もないほど忙しいゲームですが、操作性のよさもあって、不条理に感じることのないバランスに仕上がっているかと思います. まあ、このあたりの感覚は実際にプレイして判断してもらうしかないところですので、まずは体験版を試してみてはいかがでしょうか.
posted by Aida优香 at 10:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。